法人様へ > メリット
 
■ 直接雇用と請負の比較例
 
 事務所としての責任が生じます。
 コストがかかります。
 コストがかかります。
 経費がかかりコストに見合う成果とはかぎりません。
 所定の日数を与えなければなりません。
 会社規定により配当金積立が必要(約月額給料の8%)
 必要です。(約月額給料の5%)
 必要です。(約月額給料の10%)
 固定費となり、当然昇級、賞与、退職金も発生します。
 雇用主として全責任が発生します。
 

 

法規制
特にありません。ただし、雇用に関わる法規制はございます。
 
契約の期間
ありません。(業務内容に関わらず、当事者間で最適な期間を任意に設定可能です。)
 
メリット
  1. 業務内容・目的等の事前打ち合わせをはっきりと行えば、当該業務に関する管理業務から解放されます。
  2. スタッフ個人の技能を雇い入れる派遣とは違い、アウトソーシングを仕組みとして取り入れる事が出来ますので、正しく請負い会社を選択すれば、長期的観点から知識や経験を組織として蓄積し易いです。
  3. 請負元の指揮命令系統を取り込む事により、第三者的なものの見方を導入する事が出来、社内イノベーションを起こす一つの方法として導入できます。
  4. クライアント様はコアコンピタンスに自社経営資源を集中させながら、請負業務については最小限の管理(請負元との結果検証)で効率化を図れます。
  5. 請求を時間単位ではなく、個数単位(出来高)に変更する事により、明確な生産コストの検証が可能となります。
 責任は弊社にあります。
 将来的に弊社が全て行います。
 全て弊社が処理いたします。
 全て弊社が処理いたします。
 全て弊社が処理いたします。
 全て弊社が処理いたします。
 全て弊社が処理いたします。
 全て弊社が処理いたします。
 生産量の増減にあわせ費用を計画的に調整できます。
 全責任は弊社にあります。
ごあいさつ
会社概要
営業所一覧
業務内容
アウトソーシング
メリット
実績・システム
スポット契約
スポット契約
求人情報検索